tosamimiの日記

日々思ったこと感じたことを書いてます。文句とGossipと、薬膳話。

これぞ青春の味!と思う懐かしい味はありますか?の話

 

 

お題「「これぞ青春の味!」と思う懐かしい味はありますか?」

 

 

青春の味、いっぱいあるだろうけど思い出したのはアイスボックスかな。

森永のかちわり氷グレープフルーツ味。

夏日にはシーブリーズつけてアイスボックスかじって夏を乗り切ってた気がする。

今でもアイスボックスを見ると懐かしい感情と共に味も思い出すけど買わない(知覚過敏)。

 

あとリプトンのミルクティー500mlを毎日飲んでいた。

今、甘いの毎日飲んだらすぐ体に出るだろうなと思う。

リプトンを思い出したら桃の天然水も思い出した。

桃の天然水も何本飲んだろうって言うくらい飲んだ。

復活したら買っちゃうかも。

 

 

細目でぼーっと聞いてるくらいがいい話

 

 

美容師さんから聞いた話。

 

 

 

TVニュースにて。

観光客が温泉地へ向かうのにツアーバスや送迎バスを使わず、路線バスを使うことによってバスに乗れなかったおばあさんがインタビューを受けていた。とのこと。

 

 

「おばあさんはルーティーンで乗ろうとしてたのに可哀そうですね~」

「ね~」

 

 

なんて会話をしていた。

 

 

私はこのニュースを聞いただけで観ていない。

しかし。

 

 

見出しとアナウンス原稿が変われば全く違うニュースになると思った。

 

 

 

例えば「コロナの影響を乗り越え、観光客が戻ってきた」みたいなニュースの仕上がりにもできる。

おばあさんの言い回しはわからないけど、おばあさんのコメントも観光客が戻ってきたコメントにとれることもあれば、温泉土産店の店主にインタビューを撮り置いておけば差し込んで喜びのニュースにもできる。

 

 

15~30秒の情報で「観光客の迷惑行為」が「観光客戻ってきてめでたし」のニュースにもできると思うと、情報で国民をどうにでもできる機関だなと思った。

バレたらヤバいけど、今までの公開未公開の素材を切って貼って電波乗っけることも(作ること)できるんだよね。

 

 

生放送で間違えがあると即訂正が入るから「間違いがない情報を届けてる」感たっぷりだけど、本当のこととそうでないことと、そういうふうにしてちょうだい(広告PRなど)が絡み合ってあってなんだかなーな話。

 

 

フラワーベースを手に入れた話

 

 

フラワーベースを買った。

 

 

植物が好きで切り花を買ったりするのにも関わらず、今まで家に花瓶というものがなかった。

 

いったい何で花を飾っていたかと言うと、ケーキ屋で売ってたプリンのガラス容器を使用。

容器だけ見るとガラスのコップ。

それを洗って花瓶にしていた。

何年も何回も。

 

 

花瓶欲しいな、花瓶買わなきゃな、と思いながら購買意欲が湧く気に入った花瓶に出会えなかった。

やっぱ気に入った物を手に入れないと無感情の無関心で扱いが雑になってしまう。

そもそも花瓶じゃなくてプリン容器だし。

そういう細かい反発みたいなのが「イwwwwwww」となって前から気になって何回も見に行っては見送っていた花瓶を購入。

今日じゃなくても本当は良かった。

また今度でも買うのは良かった。

次給料出たら......

 

...もういい加減いいじゃないか。

何回も見に行って検討してるから衝動買いではないのかもしれないけど、気分はやけくそだった。

 

 

購入。

まだ花は活けてないけれど、テーブルに置いてあるだけで上がるし目線が行く。

何活けようか。

今時期だったらミモザなんてどうだろう。

 

 

春菊の話

 

 

春菊の旬は11月~3月頃。

主な生産地は千葉、大阪、茨城など。

 

 

春菊の薬膳的効果。

春菊は「食べる風邪薬」と呼ばれ、さまざまな効能を持ちます。

ストレスや生活習慣の乱れがあると五臓の「肝」が過剰に働いて胃腸の機能が低下することがあります。

気・血がつくられる胃は、水の調整にも関わるので胃腸の働きが低下すると気血が滞ったり体内の水はけが悪く、むくみや痰を生みます。

春菊は肝の働きを整えて独特な香りが気の巡りをよくし、胃もたれや食欲不振を改善し精神不安を改善等、期待できます。

また、生活習慣病を予防したり、鎮咳、口臭予防、美肌づくりにもよい食材です。

 

 

春菊×大根

どちらも五臓の「肺」に作用します。

組み合わせることで咳や痰を止める相乗効果を期待できます。

サラダや鍋、お味噌汁など活用しましょう。

 

 

春菊×黒きくらげ

黒きくらげは血液をサラサラにする一方で止血効果もあります。

その他不正性器出血や生理痛、貧血や更年期障害など女性のトラブルに幅広く活躍します。

組み合わせることによって血をきれいにし血栓予防になります。

スープがオススメ。

 

 

春菊×人参

春菊と人参をサッと茹でて和え物にします。

春菊も人参も胃の調子を整えてくれます。

さらにごま油をプラスすると香りで食欲を増進させて、セサミンが肝機能を活性化させ脂肪燃焼を促す作用も期待できます。

 

 

春菊はあくが少ない野菜なので栄養を損なわないよう、水でさらし過ぎず長時間加熱しすぎないようにしましょう。

 

 

大移動の話

 

 

今週のお題「大移動」

 

 

ちょっとお題とはずれちゃう話かも。

子どもの頃、私は乗り物酔いが酷かった。

車に乗って10分くらいで吐くから乗った途端にすでに具合悪いってことになる。

大移動どころか微移動。

特にバスが苦手でバス内の排気ガスっぽい匂いと、古いシートの匂いで発車前から頭痛がして既に酔っていた。

 

 

家族で出かけるにしても100%酔って吐くから本当はどこへも行きたくなかった。

わかりきってるのに具合悪くなりに行ってる感じ。

でも家で1人で留守番する勇気もないし、親も私を1人にさせるわけにいかないから結局酔いに行った。

 

これは体質だけど、もし酔う体質じゃなかったらきっと自分の視野は違ってたんだろうなと思う。

逆に反面教師的なやつで大人になってから思いっきり車乗りまくり海外行きまくりの未来になる可能性もある。

結局は自分のとり方、行動の仕方次第でどうにでもなるけれど、なぜあの時期あんなに酔って苦しかったんだろうとふっと思い出した。