tosamimiの日記

日々思ったこと感じたことを書いてます。文句とGossipと、時々薬膳。

『幽☆遊☆白書』実写版の話

 

 

2023年12月にNetflixで配信される実写版「幽☆遊☆白書」。

 

 

漫画全巻揃えて持ってたなー

もう一度読み直さないと内容覚えてないや。

 

当時は好きで集めてたし部屋に蔵馬のポスター貼ってたりした。

お祭りの飴細工屋さんに「蔵馬命」とオーダーしてポスターと共に飾ってたけど夏の気温で飴が溶けて怖い話の文字みたいな溶け方したっけ。

 

漫画持ってるのに思い出さないのはきっと周りの流行りに流されて話ついていけるように合わせて読んでたからだと思う。

面白かったと言う記憶はあるんだけどね。

幽遊白書のCDも持ってた。

 

 

Netflix実写版の幽助役は北村匠海さんに、蔵馬役は志尊淳さんに決定したよう。

コメントも賛否色々あるようで。

 

Netflix加入しなければきっと私は観る事はないでしょうけど実写系って納得しないのがお決まりですよね。

皆それぞれのイメージがあるから皆が納得する適役なんていないのよ。

 

娘離れできてないお父さんが娘がどんな彼氏を連れてきても一生納得しないのと同じ感じ。

 

一部ではチョコプラ長田さんとピース又吉さんで戸愚呂兄弟の期待もあったようだけどキャストどうなるんでしょう。

桑原みたいな顔面の中学生なんて実在しないからね。

桑原=千原せいじさんと思うけど学生役は無理があるし。

 

 

幽遊白書ファンも多く話題になるだろうから流行りの役者さんの中から選抜となるだろう。

そうなると視聴者とキャスティングの誤差が生まれてイメージ違うとなる。

これから更にキャストオープンになるでしょうから楽しみではある。

(Netflix未加入)