tosamimiの日記

日々思ったこと感じたことを書いてます。文句とGossipと、時々薬膳。

シルクの話

 

 

自分が心地よくいられる事を考えて身の回りを少しずつ変えてる途中です。

 

 

今回は「シルク」。天然繊維、蚕の繭ですね。

シルク製品は過去に使ったことがありました。

 

 

使い始めたきっかけはアホ毛(切れ毛)がひどく、寝てる時に枕の摩擦で髪にダメージがかかる事を知ってシルクのナイトキャップを購入しました。

シルク100%で1000円くらいの多分外国産。

シャワーキャップのように被るタイプだったんですが寝てたら勝手に脱げる。

キャップの中に髪を全部収める為、耳首回りが寒い。

ゴムの締まりが痒い。

日頃髪で首元が温められてる事に気が付きました。

寝返りしたら起きちゃうし、途中寝てても「脱げてない?」と意識がいったりして気になる…キャップの袋も浅めで余裕がなくロングの人は全部収まらないんじゃないかレベル。

慣れる前に使うの止めました。

 

 

でもアホ毛

どうにかしないと。

 

次は筒状のシルクナイトキャップを購入。

袋状なので髪の量は気にしなくていい。

使ってみましたが、やはり脱げる。

うなじから髪がこぼれてきて気になる。

筒が後頭部にきて枕と頭の間で団子になる。

目が覚める。首回り寒い。

もういいよ。(;´Д`)

 

どっちみち脱げるし寒いんだ。

 

 

諦めて数年たってました。

で、今回。

シルク100%の枕カバーを発見。

これだ。

「こっちがつけるんじゃなくてあっちがつけるんだ発想」無かったわ~

遠回りしたけど購入したばかりなので使い心地、アホ毛の行く末は追記します。

 

 

何せ私は睡眠途中で目が覚めるのが嫌な人なんでしょうね。

冬場はもこもこのパジャマを使ってたのですが睡眠中寝返りをうったら布団内でごわついて一瞬目が覚めてしまっていたのです。

人は睡眠中深い眠り、浅い眠りを繰り返してるのはわかっていましたが目が覚めてしまうのはちょっと違うんじゃないかと思ってシルクのパジャマを購入。

おしゃれ着洗剤で手洗い機能で洗濯しないとならないリスクより睡眠をとりました。

 

今の所快適。

今時期は風呂上りは少し寒いけどごわごわもないしさらりとしていい。

パジャマの下の肌着は綿100%なので、肌着こそシルクにした方が肌にはいいって聞きますよね。

シルクは人の皮膚と同じたんぱく質が主成分でアミノ酸、コラーゲン等が含まれているそう。色々試したいけどシルクは高級だからなぁ。

とりあえずパジャマと枕カバーをしばらく検証します。