tosamimiの日記

日々思ったこと感じたことを書いてます。文句とGossipと、時々薬膳。

視線の話

日頃、街を歩いてる時や外出してる時はどこを見て歩いてますか。

 

風景メインであれば周りを見ながら

通勤時には人とぶつからないように。等々

 

歩きながら人間観察してる人もいますよね。

ただ見ることは何も違反ではない。

 

たまにすれ違うときに人の目を見てしまい、それで通り過ぎればいいものを相手と目が合うことがある。

 

うわ、目合っちまった。

見るつもりも無かったが目が合う。

たまたまかもしれない。

向こうもたまたまかもしれない。

視線を送って気付かせる程見てないのに目が合うって事は顔見て歩く人か。偶然か。

 

 

うわ感が嫌なのでいっそ人を見ないで歩くようになって十数年。

人にぶつからないように意識はしつつ直視はしない。

知り合いだったら声かけてくるしスルーでも構わない。

 

これ、同じ気持ちの人いるかな。

きっと「そんなこと意識したことなかった」って言う人多いと思われる。

しかも目合ったくらいでうわ感は生まれないんだよね。

 

 

すぐ横を逆サイドから歩いてきた人がすれ違うギリギリまで見られる事がある。

「え、そんなに見てきてデカイイボでもついてましたか?」って心の中で思う。

もちろん直視はしてないから全然違う方見てるかもしれないし知り合いに似てたのかもしれない。

自惚れだったらごめんだよ。

一瞬の事だけど同じようなことを結構体験するんです。

だから余計見ない。

微妙な知り合いだったら面倒くさいしね。

友達と一緒にいて

「今めっちゃあんたの事見てたけど知り合い?」とか言われる。

イボなんだよね。

 

その人は初めて見たと思うけどこういう事が重なると

「お前らの知り合いでもなんでもないからいい加減見るのやめろー!!(`ε´ )」

どイボが爆発しそうになる。

 

 

さすがにコロナになって皆マスクをしてるからなめるように見られはしなくなったけどコロナ中の出来事。

 

 

長い上りエスカレーターを上がって時。

「ん?」と思い

尋常じゃないザワザワ感と今までにない長い視線を感じました。

構造上、上りエスカレーターと下りエスカレーターの間に長広い階段があってエスカレーター同士は5メートル位離れてたんだけど

視線が尋常じゃなかったので誰?と思い目が合ってもいいからどんな人か確認してやろうと視線の先、下りエスカレーターを見たら相手は私が見ると同時に前を向いた。

ニット帽の女性だった。

帽子にマスクで前を向かれてエスカレーターは逆方向。

誰なんてわかるはずないし未だに誰だったかわからない。

自分は特殊能力なんてないし普段ぼーっと歩いてても、その時「何?!え?」って思う程視線がキツかったから視線が刺さるってこの事だなと思った。

刺さったから私も気付いたんだと思う。

物理的に刺さってはないけど目に見えなくとも気付く不思議。

 

怖。

相手に特殊能力があるのか触れずとも刺すって怖いね。

シックスセンス的な?

私はおばけ的なの全く見えない感じない人だから害はわかってないけど

生霊とか念とかで色々起こっちゃうらしいから見えないものは不確かだけどあり得ない話でもないと思った。